ご無沙汰しております。

久し振りにブログをちゃんと更新しようと思いまして、毎日更新を目指して頑張ります。

除雪などで、腰痛を訴えてご来院される方も多くなって来ましたが、当院では痛みをとることも大事ですが、
何よりその痛みが出るに至るまでの部分に重きを置いて関わらせていただいています。

それは、一時的な痛みは、その時に起こった事ではないからです。
その方の人生で積み重なってきた体の癖や、怪我などに身体が耐えられなくなった結果、症状が出るのです。
そういう痛みは、一時的に痛みがとれても、またすぐに戻りやすいです。
なので、痛みが出にくい身体を作ることが重要となります。
この辺の事は初回来院時に患者様にご説明させて頂いております。

それでは、症例の紹介です。
女性で腰痛の訴えでご来院された方です。
針に通われていましたが、あまり効果が無かったとの事。

初回に骨盤周りの施術を行いましたが、途中で妊娠が判明し万が一の事を考え、落ち着くまでは骨盤周囲はアプローチしません。
脊柱周りの内臓の制限強く、また胸椎の制限なども有り、通院して頂く中で問題となる個所を施術しました。
今は、症状としては今までが10だったのが1くらいとの事です。
ただ、本当であればもう少し骨盤周囲の問題にアプローチしたいのですが、妊娠初期の為、もう少し落ち着いてから骨盤へアプローチと考えています。(でも、実は流れで頭蓋から硬膜経由して赤ちゃんへの施術もしたのですが、、)
胸椎や内臓の制限(それ以外にも頭蓋なども問題ありましたが)がいかに他の場所に問題を作り出すのか、改めて考えさせられる症例でした。

この様に、痛みのある場所に問題があるわけでは無いし、痛みだけ取れば良いというものでも無いというのが当院の考え方です。

本当に問題を解決したい方、是非ご来院下さい。

Follow me!