体のお悩み解決しましょう

オステオパシー

  • HOME »
  • オステオパシー

オステオパシーとは

andrew taylor still

A.T.Still

1874年にアメリカ人医師A.T.スティル(以下 スティル)によって提唱された医学(哲学)です。
哲学に基づき、主に徒手を用い、その人の身体の自然治癒力を引き出して元に戻るお手伝いをさせて頂きます。
世間では、筋膜や頭蓋骨に施術すると思われていることが多いですが、筋膜や頭蓋骨だけではなく、全身の膜(骨を包んでいる骨膜や神経を包んでいる硬膜、血管を包んでいる血管膜、内臓を包んでいる漿膜等)は繋がっており、その膜(ファシア)へ施術を行います。この膜(ファシア)を「全ての病の源」とスティルは言っています。実際に当院でも様々なファシアの問題を抱える方がいました。尾骨がずれたために上手に立てない方や、頭蓋内の硬膜が硬いために原因不明の頭痛が起きたり、手首のファシアが硬いために親指が曲がらない、子宮を支える間膜が硬いために胃に痛みがあったなど、様々な症状がファシアによって引き起こされているのを目の当たりにしています。

また、ファシアだけがオステオパシーでは無く、オステオパシーの原則として以下の事があります。

・人体とは1つのユニットである

人間は、身体、精神、心が一体であり、これらが調和を取りながら、生命活動を行っています。しかし、そのどれかが崩れることで、全体の調和が崩れ、全てに影響を与えてしまいます。一つの例として、とてつもなく大きな心の問題(とても大切な人を失う、仕事が解雇になり先が見えなくなる等)を抱えた場合に、身体症状として様々な症状が現れます(例えば腹痛や頭痛など)。逆に、身体の不調によって精神や心へ影響を与える事も良く見られます。(腰痛のために心に余裕が無くなり、怒りっぽくなる等)

また、これだけではなく足首を痛めた結果、肩が上がらなくなる等。これは足首のファシアに制限が生じる事で、肩を上げようとしても足首の制限にファシアが引っ張られてしまうために生じる現象です。

・機能と構造は相互関係にある

人間の身体の構造は整っている事ではじめて正常に機能します。血管が潰れていると、血液は流れません。骨が折れていると、周りの筋肉は働けません。

そして、身体のどの組織も繋がっているため、全ての構造が正常である必要があります。これは、車などの機械でも同じことが言えます。エンジンの小さなたった一つのパーツがスムーズに動かない事だけで、車は動かなくなります。この様なことが人体内でも起きてしまいます。ファシアが一箇所制限があるだけで、全身の機能が正常でなくなる可能性があるのです。

・人体は自己調節、自己治療、健康維持力を持つ

スティルの言葉で「身体に必要な薬は全て身体が備えている」という言葉が残っています。例えば、身体のどこかで炎症が起こったとします。すると、身体はその炎症を鎮静しようと働きます。この様に、身体はまさに自己治療といえるような機能を身体の中に持っています。しかし、様々な要因(ファシアの異常)によりその機能が正常に働けなくなります。そのような場合に、小さな病気から始まり、徐々に大きな病気へとなり身体に症状が現れてきます。これを防ぐためには、やはり正常な身体の構造を持つことが重要と考える事ができます。

以上の原則のもと、施術を行っています。

オステオパシーの施術にはもちろんテクニックや解剖学的知識、感覚などは必要ですが、テクニックだけではなく「オステオパシー哲学」に則り、施術を行う必要があります。

当院では、しっかりと原則に則り施術を行っております。肩が痛いから肩への施術などはあまり行いません(肩自体に問題があれば行いますが)。

是非一度、オステオパシーの哲学に触れてみてはいかがでしょうか。

今すぐクリック!  TEL 090-7655-5113 平日18時00分〜22時00分
土日 09時00分〜17時00分

PAGETOP